【シェプロオンラインストア】オーガニック食品、ポーリッシュポタリーの通販/販売

ショップホーム
営業日カレンダー
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

  • プライバシーポリシー

  • ショップホーム

  • ショップホーム

  • facebook
  • twitter
  • twitter
 

Ciepłoで取り扱うのは、全てエクストラヴァージンオリーブオイルです。
オリーブを現地で搾ってすぐの新鮮さを、そのまま皆さまにお届けします。

ジョバンニ・クトゥレーラさん
フラントイ・クトゥレーラ社

世界中のオリーブオイルコンテストで金賞を総ナメにする、クトゥレーラ社の贈る最上級品オリーブオイル。
1979年ジョバンニ クトゥレーラにより創業され、現在に至るまで、親族の献身的な手によって一族に代々受け継がれてきた、樹齢の高いとても貴重なオリーブの木から、オリーブオイルを作り続けています。
オリーブを現地で搾ってすぐの新鮮さを、そのまま皆さまにお届けします。

マドンナ デッロリーヴォ社

マドンナ デッロリーヴォ社のオリーブ畑は約6ヘクタールと小規模ながら、アマルフィ海岸とチレント海岸の間の丘陵地にあり、この地特有の土壌や気候条件を生かして、世界に認められる高品質なオリーブオイルを生産しています。
数々の国際オリーブオイルコンクールで毎年表彰される最高の技術は、ご自身が地質学者 でもあるオーナー、アントニーノ・メンネッラさんの豊富な知識と情熱の賜物なのです。

アントニーノ・メンネッラさん

一般的に良質といわれるオリーブオイルでも、圧搾まで12〜24時間かかる中で、 クトゥレーラ社とマドンナ デッロリーヴォ社のオイルは、収穫から搾油までわずか4時間! とても新鮮です。
その新鮮さを保つため、 抽出したオリーブオイルは窒素充填したタンクに保存し、 その後は、最適な温度(15℃前後)の航空便で直輸入しています。

エクストラヴァージンオリーブオイルは、化学的処理を一切行わない「一番搾りのオイル」で、酸度が0.8%以下のものをいいます。(※酸度とは…脂肪酸が何%遊離しているかという酸化の度合い)つまり、オリーブの実を搾っただけの 「100%天然のオリーブジュース」のことなのです。
酸度1.0%とは、100gのオイルのうち1gの脂肪酸が遊離しているという意味になります。
この数値が低いほど、酸化していない高品質なオイルと言えるのですが、それ以外の味わいや香りも大切なオイルの要素ですので、酸度は一つの目安と考えれば良いでしょう。

オリーブの実からオリーブオイルになるまでオリーブに携わる人たちの献身的な手作業によって採光のオリーブオイルが生まれます。

1木に梯子をかけてオリーブの実を収穫しています。機械に頼らない大変な作業ですが、実に傷がつくと 酸化速度が速まるため、ひとつひとつ丁寧に手摘みしています。

2手摘みは6千年前から変わらない収穫方法。上記の写真は、古代ローマ時代のレリーフです。オリーブの収穫の様子が彫られています。左右の隅に梯子が描かれているのが見えるでしょうか?

3オリーブオイルの鮮度は、収穫から搾油までの時間が重要。収穫後、急いで工場へ!

4きれいになった実を石臼で粉砕します。 ※現在では、品質をより高めるため、ステンレスカッター付きの粉砕機で時間をかけずにオリーブをペーストにする方法が主流です。

5さらに撹拌機で練っていきます。こうすることで、オリーブに含まれる油分がより抽出されやすくなるのです。

6 遠心分離機で水と油と搾りカスに分離させて、オリーブオイルを抽出します。オリーブオイルの鮮度を保つために、空気に一切触れることなく、低温(コールドプレス法)で搾油します。酸素と余分な熱を加えないことで、鮮度のいいオリーブオイルができあがります。 オリーブは実は80%が水分で、油分は最大でも約20%。一本の木から生まれるオリーブオイルは、250ml瓶でたったの4本程度です。

オリーブオイルは、直射日光・高温多湿を避けて冷暗所で保管してください。直射日光や空気(酸素)、28℃以上の高温で酸化が進み、せっかくのオリーブオイルの風味が損なわれてしまいます。新鮮なオイルの風味を楽しんでいただく為にもガスレンジの脇など温度の上がりやすい場所での保管は避けましょう。

オリーブオイルは気温が8℃以下になると結晶化してしまうことがあるため冷蔵庫での保管していると白く結晶化することがございます。結晶化したときは、常温にしばらく置くと元に戻ります。尚、品質に問題はありませんのでご安心ください。

オリーブオイルは他の植物オイルに比べ、品質の変わりにくい安定したオイルですが、一度開封すると酸化が進みますので、オイルをそのまま使用される場合は2ヶ月を目安に消費頂くと、おいしく召し上がれます。2ヶ月を過ぎたオイルは、炒め物などの敷き油としてお使い頂くと良いでしょう。

松村 成師(しげのり)さん

・螢廛螢皀ーリオジャパン 代表取締役
・イタリアオリーブオイルソムリエ協会認定ソムリエ (北海道第1号)
・イタリア産オリーブオイルインポーター
・イタリアンシェフ

シェプロ取り扱い商品はイタリア政府公認のオリーブオイルソムリエがセレクトした世界有数のオイルです。
1977年札幌市出身
2005年夫婦でイタリアへ料理留学。
トスカーナ州グレーヴェインキャンティ「Ristoro di Lamole」、 フィレンツェ「Ristorante Ricchi」、「Grand Hotel Minerva」で修業。
イタリア人と囲む毎日の食卓の中で、豊かな食生活=豊かな人生を実感。特に生活に根付いたオリーブオイルの美味しさに感銘を受ける。
2007年札幌でイタリア料理店を開店。
2010年イタリアオリーブオイルソムリエ合格を機に、イタリア産エクストラヴァージン オリーブオイルの自社輸入を開始。

2013年4月現在、イタリアの5軒のオリーブオイル農家と契約、世界一に輝いたオリーブオイルなど多数輸入。
現在、もっと多くの方に新鮮な本物のオリーブオイルの美味しさ、素晴らしさを知って頂けるようオリーブオイル講座や料理教室の開催など日々活動中。

Ciepło(シェプロ) オンラインショップ

ページトップへ